Recent Posts

全身脱毛はどのくらい痛い?

「全身脱毛をしたいけれど部位によっては痛いと聞くし…」
というように、全身脱毛をやってはみたいけれど痛いのはやだなと思っている方は多いかと思います。確かに、なかには痛みを伴う脱毛というのはあります。しかし、全身脱毛おすすめの方法にはさまざまな方法があり、なかには痛みが少ない・ほとんど感じない脱毛方法もあるのです。
脱毛の方法には大きく分けて、3つの方法があります。もっとも痛いと言われるのはニードル脱毛と呼ばれるものです。毛穴ひとつひとつに針を刺して電気を流し、直接ダメージを与えるという方法なのですが、こちらはかなりの痛みを伴うといわれています。確かに、方法を聞いただけでも痛そうですよね。
次に、医療用レーザー機器を用いたレーザー脱毛があります。メラニンに反応するレーザーが毛根の組織を破壊して毛を生えてこなくさせる方法です。ニードル脱毛と比べますと痛みは少ないですが、ゴムをパチンと弾くような痛みを感じます。それよりもさらに痛みが少ないとされるのが脱毛サロンなどで行われるフラッシュ脱毛(光脱毛)です。こちらはレーザーと違い拡散した光を当てるため、その分肌への負担が少なくなります。またこのフラッシュ脱毛のなかにもいくつか種類があり、さらに痛みが少なくほぼ無痛の脱毛方法も出てきています。
しかし、痛みが少ない光脱毛は、レーザーなどの脱毛方法と比べますと肌に優しい分効果の出方もライトです。痛みが強いと続けられない、というのでは確かに困ってしまいますが、思ったような脱毛効果が得られないというのも困りますよね。脱毛効果と痛み、自分の肌質や毛量などと合わせて考えて、ベストな脱毛方法を選択しましょう。

男性はキレイな足に弱い

男性の目線からみて、女性の綺麗な足というのは、
その女性の魅力を判断する上での重要なポイントになると思います。
何気なくネットを見ていたときに目に入った記事によると、
・「初対面で会った女性はまず脚をチェックする」にYESと答えた男性が約3割
・「女性として魅力を感じる部位は脚」にYESと応えた男性が約5割
・「理想的な美脚の定義」として「ムダ毛のない脚」と答えた男性が3割
と、女性の脚に魅力を感じる男性は少なくないという結果を見たことがあります。
やはり女性の脚というのは、その人の魅力を測る上での重要な要素になっているのです。
これだけ注目される脚ですが、
これからの暖かくなり、露出が多くなることからさらに脚への視線が増してくるでしょう。
面倒だからとストッキングでごまかしていても、そういうときに限ってストッキングの隙間から
脚の毛が飛び出してしまい、なぜか男性の目に留まってしまう…。なんてことが起こり得るのです。
一度そういう姿を見られてしまうと、「いつもはこんなんじゃないのに…」と言っても
もう取り返しが付きません。やはり日ごろのケアは大事なのです。
カミソリでの脱毛は手間がかかる作業です。面倒になってサボりたくなる気持ちもわかりますが
最近では家庭で手軽にエステ並の脱毛効果が得られる脱毛器も数多く販売されています。
楽天で販売されているケノンなどはその代表格ではないしょうか。
自分磨きのパートナーとして、購入を検討してみてはいかがでしょうか。